授乳中ダイエットで失敗しないコツがあります。楽にできる授乳中ダイエットとは。

 

完全母乳で育児中です。
なのに全く体重が減りません。
忙しくて、今までより食べる量は減っていて、さらに母乳もあげているのに体重が増える一方です。


 

 

妊娠すると体重って自然と増えるものです。
当然、増えた体重を元に戻したいのですが、授乳中から始める産後ダイエットは、母乳を上げているので、いつもよりもお腹が空いてしまって食べる量が自然と増えるケースが多くあります。
食べる量もそうですが、食べてるもののバランスが摂れないと太りやすくなります。
食事は量だけでなくバランスもとても大事です。


 

 

食事制限や置き換え、ファスティングなどは母乳量の減少が怖い(元々溢れるほど出てはいない)のと、運動はしたいと思うものの子供が私から離れないタイプなのでなかなかままならず…
そして食事制限をするダイエットは、赤ちゃんの栄養が気になるしよくないと思います。

 

そこで授乳中でも楽にできるダイエット方法を探してみました。

 

いろいろ調べてみると、ウォーキングが一番らしいですね、
ですが、授乳中は何かと忙しくのんびりとウォーキングをしている時間が取れません。

 

そして動けば余計にお腹が空いてしまいます。特に授乳中はお腹が空きやすくなります。


 

 

 

授乳中ダイエットは、食べ過ぎを防止するだけで十分な効果を得られます。

 

太ってしまうと、とにかくお腹が空いてしまうんですよね。

 

そんなとき、腹持ちがよく低カロリーな酵素ドリンクや青汁を飲むことで満腹感を得るだけでなく、授乳に必要な栄養を採り、簡単にダイエットできちゃったりします。


 

授乳中ダイエット今おすすめの酵素青汁ダイエット

おすすめの酵素青汁ダイエット 人気ランキングはこちら
(※キャンペーンもございます。)

授乳中ダイエット定番の酵素ドリンク

定番の酵素ドリンクダイエット 人気ランキングはこちら

授乳中ダイエットスタイルが良くなる骨盤矯正ダイエット

腰痛にもおすすめ骨盤矯正ダイエット 人気ランキングはこちら

 

 

 

 

授乳中

 

まずは、産後1ヵ月から1年までの流れを確認しましょう

産後1ヵ月。

この時期は、産前産後の急激な体の変化がとりあえず落ち着く時期です。
産後
母乳が突然出てくる人もいますね。
入院中や退院して家に帰ったあと、母乳の出が悪かったという人でも、1ヵ月過ぎるころになって、ようやくリズムがととのって、母乳が出てくることがあります。
母乳は出ないものとあきらめず、リラックスして授乳をつづけましょう。母乳マッサージもやってみるといいですよ。

 

1ヵ月健診が終われば妊娠前の生活に戻ります。
1ヵ月健診では内診を受け、子宮や悪露の状態をチェックします。
ここで医師から「ふつうの生活に戻っていいですよ」と言われたら、入浴や家事、外出など、妊娠前と同じようにしてだいじょうぶということです。
授乳中でもこの時期からダイエットを始めるかたもいます。芸能人は授乳中でもこの時期に元の体型に戻すことを始めます。

 

産後3ヵ月。

この頃になると赤ちゃんのいる生活に少しずつ慣れてきますね。
産後落ち着く
授乳のリズムができてきます
赤ちゃんもある程度の量をまとめて飲めるようになるので、授乳がスムーズになります。
乳房は血管が浮いてみえるほど大きくなり、赤ちゃんの泣き声を聞くと乳房が張ってきます。
ひとりでの外出のとき、赤ちゃんのことを考えただけで張ってくることもあります。

 

赤ちゃんによっては、夜中の授乳がまだつづくこともあります。
このころから、夜はまとまって眠るようになり、夜中の授乳がなくなる赤ちゃんが多いようですね。
でも個人差があり、まだ夜中に起きて授乳が必要なこともあります。
赤ちゃんが寝ている間は自分も昼寝で睡眠不足を補うなどして、疲れをためないようにしましょう。

 

そろそろ生理が再開する人もいます。
母乳をあげている間は生理はこない、というのはまちがいです。
早い人では産後2〜3ヵ月で生理が再開することがあります。
母体のためには、次の妊娠までできれば1年くらいはあけたいものですね。
生理の前に排卵はあるので、自分に合った方法を選んできちんと避妊をするのがいいでしょう。

 

 

産後6ヵ月

体の回復が少しずつ実感できる時期。心にも余裕が
産後動き出す
ママ白身の体調に気をつけてください。
産後半年、赤ちゃんとの暮らしに慣れて楽しい日々が続きます。
でも、油断するとこれまでのたまった疲れから、抵抗力が弱まり、細菌感染を起こして熱が出たり、歯が痛<なったりすることもあります。
なんだかおかしいなと思ったら、ぐずぐずせずに病院へ行きましょう。

 

お肌や髪の手入れも忘れずに
ホルモンの影響もあって、肌がかさついて、うるおいがなくなったり、抜け毛がふえたり。
「育児やつれ」なんていう言葉もあるくらい、赤ちゃん優先で自分のことはついあと回しになりがちですが、たまにはゆっくり入浴したり、美容院に行って、リフレッシュをしましょう。

 

そろそろ体重も元に戻るころ
そろそろ体重も妊娠前と同じくらいに戻るころです。
母乳育児でカロリーを消費していたママは、いままでと同じペースでたくさん食べていると、離乳食が始まってから摂取カロリーが上回って太ってしまうこともあります。
適度な家事や運動を心がけましょう。授乳中でもこの時期はダイエットを始めるには最適な時期です。

 

産後10ヵ月

育児にも息抜きが必要。自分の時間をたいせつにしましょう

 

わからないことだらけだった育児も、このころになると慣れて、ママとしての自信もついてきます。
赤ちゃんもずいぶん扱いやすくなっているので、ときにはパパや家族に預けて外出してみてもいいですね。
数時間ひとりでのときを過ごすと、また明日からの元気がわいてきます。

 

この頃になると母乳の出がだんだん少なくなります。
赤ちゃんの離乳食も進み、母乳以外からも栄養をとれるようになってきています。
そのせいか、これまでピューピューとわくように出ていた母乳の出が、乳首に吸いつけば出るという程度に落ち着いてくる人もいます。
乳房の張りも少なくなって、ちょっとたれぎみになるかもしれませんね。

 

体重戻しに真剣にとり組んでください。
もし、この時期にまだ妊娠前の体重に戻っていなかったら、本格的にシェイプアップに努めないと、そのまま太った状態がつづいてしまうおそれ大です。
見た目だけでなく、将来の健康のためにも余分な脂肪は落としましょう。腹筋などのストレッチや体操、食べ物にも気をつかってください。
授乳中でもダイエットしないと間に合わなくなります。今ダイエットしないと元の体重に戻すのはつらくなります。

 

産後12ヵ月

赤ちゃんから「子ども」へ。母乳ともそろそろさようならです。

 

だっこにおんぶ
子育ては体力勝負です。
3kg前後で生まれた赤ちゃんも、1年で体重は約3倍になります。
毎日10kg近い赤ちゃんをだつこやおんぶしているのですから、ママはすごい! 
でも、歩き始める活発な赤ちゃんとつきあうのは重労働です。
腰や腕、肩などを痛めることもあるので、気をつけてくださいね。

 

体の変化を総点検しましょう。
気になるときは病院へ行くこと。
産後1年、赤ちゃんのことばかりが頭にあって、自分の体を産婦人科でみてもらうことはあまりなかったでしょう。
でもせっかく顔なじみになった産婦人科。気になることがあったら迷わず受診をしましょう。
特にガン検診は若いママでも1年に1回受けましょう。

 

いかがでしょうか?
産後の流れがわかったと思います。

 

「妊娠中に増えた体重をすぐに戻したい!」と思いますが、出産直後は体が疲れています。
まずは、体力回復が一番です。
なので産後1ヶ月は、ダイエットも控えるのがいいでしょう。

 

なので授乳中ダイエットは産後1か月目以降からスタートしましょう。
産後の6ヶ月間は痩せやすく、ダイエットにいい時期です。
この時期に楽して痩せちゃいましょう。

 

授乳中でもこの時期にダイエットを始めないと元の体重に戻すのはつらくなります。

 

赤ちゃんを守るためについた妊娠中の脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれ、水分が多く含んまれ、落とすのは簡単なんです。
ですが、ホントに、授乳中ダイエットってなかなかできない人が多いんです。
なぜかというと、産後のママは忙しいんです。
当たり前です。
育児をしながらダイエットするってなかなか時間がとれません。

 

育児の手が空いたら家事で忙しかったり、少しは休みたいって思いますよね。

 

だから授乳中ダイエットって難しくてなかなか成功しません。
ですが、出産で骨盤は広がっていますから太りやすくなっているし、
授乳するからお腹もすきますので食べる量が増えてしまいます。

 

このままじゃ元のカラダに戻せず、太ったママになってしまいます。
そもそも授乳中にできるダイエットって限りがあります。
激しい運動もまだできませんし、食事制限をして母乳に影響があってもいけません。
ダイエットサプリって方法もありますが、ダイエットサプリの成分が母乳に影響しないか心配です。
そんな忙しい授乳中のママに人気なのが酵素ダイエットなんです。
酵素ダイエットといっても様々あります。
本来の酵素ダイエットは、食事の8割を生食にして酵素不足を解消すればいいのですが、忙しいのに毎日の食事に時間もかけられません。
そこで授乳中ダイエットで人気になっているのが酵素ドリンクを使った置き換えダイエットです。

 

最近、鏡みていますか?
kagami
育児に忙しくてゆっくりおしゃれして出かける暇のない時期は、鏡の前でスタイルチェックをする暇もありません。
気がついたらこんな体型になっていたじゃ手遅れになってしまいます。Σ(°д°lll)

 

ましてや、育児疲れもあって疲れた顔をしていたらものすごい老け顔になっています。

 

授乳中から徐々にダイエットをして、元のキレイなママにもどりましょう。
授乳中のダイエットは酵素ドリンクで置き換えダイエットをすれば、すぐ結果がでます。
産後6ヶ月間は痩せやすくて、授乳中からダイエットに適している期間といわれています。
出産のためについた妊娠中の脂肪は「流動性脂肪」と言われ、水分が多く定着する前であればダイエットは簡単なんです。
また、出産で広がっていた骨盤が徐々に閉じていくのもこの時期になります。
歪んだままにならないよう、固まる前に正しい骨盤矯正をしてもとに戻しましょう。

 

 

 

授乳中のダイエット、私が2週間で5キロのダイエットに成功したおすすめの方法は?

酵素ダイエット
酵素
酵素ダイエットは基礎代謝を上げ痩せやすい体つくりをサポートしてくれます。
酵素はもともと体の中で作られるものですが年齢とともに減っていきます。
特に授乳中は赤ちゃんに栄養をあげているので酵素不足にもなりやすいですよね。
酵素は発酵食品や生野菜に多く含まれていますが、食事の時間をゆっくり取れないママにはなかなか厳しいことです
そんな酵素不足を解消してくれるのが酵素ドリンクです。
酵素ドリンクを炭酸水や今人気の水素水で割って飲むと満腹感もあり肌にもよくキレイに痩せていけますね。
酵素サプリも酵素不足を解消できますが、毎朝酵素ドリンクを炭酸で割って飲むと満腹感があり、便通もよくなりおなかもすっきりとして痩せやすい体つくりができますね。特に授乳中はお腹がすきやすくなるので満腹感の得られる炭酸水割はおすすめです。
また水素水は風邪を引きにくくなるとも言われているので赤ちゃんも風邪に強くなるともっといいですよね。
いろいろなメリットがある酵素ダイエットは授乳中ダイエットにはホントおすすめです。

 

授乳中ダイエットで人気の酵素ドリンクはベルタ酵素が代表的ですが、
これは美肌成分も配合されているので雑誌「VERY」や「Mart」でもよく特集が組まれていますね。
mart
太るとたるみがでて老け顔になりやすくなるので気をつけたいですよね。

 

おすすめ定番の酵素ドリンク

 

べルタ酵素ドリンクの特徴

もともとは芸能人やモデルの為に作られていた「ベルタ酵素」。2013年の一般販売解禁後、一気に人気が拡大。「@cosme」2013年度カロリーサポートサプリメント部門1位「楽天市場」美容ドリンク・ファスティング部門1位など、その他の各ランキングサイトなどでも数々の1位を獲得!

価格 5080円
評価 評価5
備考 業界1位の酵素数165、豊富な美容成分、楽天市場ランキング1位
べルタ酵素ドリンクの総評

ベルタ酵素は、第3者機関によるダイエット試験の結果、3ヵ月で平均4.4キロのダイエット効果が計測されています

そして、『ベルタ酵素』は肥満予防に有意な結果が出るということが、医学雑誌「診療と新薬」に論文という形で公表されました!!

このような医学の専門誌にダイエット効果が掲載されたのは酵素ドリンクではベルタ酵素だけです。

また、ベルタ酵素に含まれている酵素数は165種類で、業界最大級です。

さらに、ヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロなどの美容成分を多く含んでおり、美容効果も非常に高いと言われています。

 
 

優光泉の特徴

元モーニング娘「市井 紗耶香」さんご愛飲中!有名ショッピングサイト総合ランキング1位獲得!累計販売本数が40万本を突破しています。また、多くの美容雑誌でも紹介されています。また、完全無添加であることも人気の理由です。

価格 2本で7,992円
評価 評価5
備考 完全無添加の本格酵素、市井紗耶香さん愛用、創業25年の信頼と実績
優光泉の総評

優光泉の定期コース (2本コース) の価格は6,372円 (税込) で、送料は無料です。

ちなみにこの価格は、優光泉を2本通常購入するより1,620円もお得です。

それから、優光泉の定期コースでは購入のたびにポイントが貯まっていき、一定数を超えると優光泉と交換することができます

また、優光泉を割るときに使う「蛍の郷の天然水」と「優光泉酵素PREMIUM (180ml) 」も付いてきます。

この機会にお得な定期コースに是非お申し込みください。

 
 

お嬢様酵素の特徴

お嬢様酵素は、non-noなどの100冊以上の人気女性誌に掲載されています。 累計販売本数100万本突破、月間出荷本数3万本、通販だけで1日1,000本以上売れてます!また、市販の酵素の中でも最安値の1本3,990円という価格とフルーティな飲みやすさも人気の理由です。

価格 3990円
評価 評価4.5
備考 1本3,990円(送料無料)、累計販売数100万本の人気酵素
お嬢様酵素の総評

「お嬢様酵素」はダイエットはもちろん、代謝アップ、デトックス、美肌、腸内環境の改善にも期待大です。 「お嬢様酵素」はきれいに痩せます! 短期集中ダイエットの強い味方!目指せ!48時間で−3キロ!! 飲むだけで自然と痩せやすい体質になれちゃいます! 「お嬢様酵素」は64種類の野草原料+22種類の野菜・果物=86種類の自然の恵みが凝縮されています。

 

 

 

 

授乳中ダイエットで、今一番おすすめなのが酵素プラス青汁です

酵素ダイエットがさらに進化しました!
今話題の酵素青汁が体にもよくダイエットには最適なんです。
酵素青汁おすすめランキング

活きた酵素と青汁

活きた酵素と青汁
青汁と聞くと青臭い味だと思うかもしれません。
活きた酵素と青汁は、野菜臭さも感じない、爽やかさを感じられる味です。
とろみがあるので、腹持ちがよくお腹が空いたら飲むといいです。
食物繊維や乳酸菌がしっかり摂れるので便秘対策にも最適です。
初回限定お試し7包が980円と気軽に試せます。

 

青汁・乳酸菌・酵素の3つが、1度に摂れます。
納豆菌と乳酸菌の2つの生菌が、生きたまま腸に届きます。

 

活きた酵素と青汁の詳細はこちら

 

ローヤルゼリー青汁

ローヤルゼリー青汁
「ローヤルゼリー青汁」は国産の大麦若葉、甘藷若葉にローヤルゼリーをプラスした青汁です。
1杯あたり900mgの食物繊維と500mgのローヤルゼリーが配合されています。
大麦若葉はもうみなさんご存知ですよね。青汁としては有名な大麦若葉。
β-カロテンやビタミンB群、ビタミンE、葉酸などをはじめとした幅広いビタミン類、鉄分やカルシウムなどのミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
注目すべきなのが酵素のSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)の存在です。
強力な抗酸化作用を持つのが特徴。糖尿病や高血圧、動脈硬化を予防・改善するとともに、アンチエイジングについても大いに期待できます。

 

「ローヤルゼリー青汁」の詳細はこちら

 

 

 

骨盤矯正ダイエットのおすすめ

500円で骨盤矯正ダイエットが体験できる。
出産で広がった骨盤をエステで矯正できる。
もちろん、体験1回ですぐ痩せるわけじゃありませんが、
骨盤矯正のきっかけになります。
体験だけでもできるのでホントにお得ですよ。
骨盤矯正

エステ体験70分で始める!心にグっとくるスタイル☆500円体験はこちら

 

骨盤矯正
masage
骨盤が緩んだままになっていたり、歪んだまま放置すると、太りやすい体質になります。
太るだけでなく、腰痛・頭痛・肩こり・尿漏れなどの様々な原因にもなりますので気を付けてください。
ある程度は自然に閉じていくものですが、骨盤ベルトをつける、エクササイズをするなどして早めに骨盤を正しい位置に戻しましよう。
骨盤矯正は骨盤ベルトをするのが一番簡単ですね。
酵素ダイエットと併用することでより効果が期待できます。

 

 

 

授乳中ダイエットは食事制限には注意が必要です!
「ダイエット」というと一般的に運動と食事制限と思いますよね。
ですが、授乳中の食事制限は避けてください。
授乳中の食生活は母乳の質や量に大きく影響するため、赤ちゃんの成長にダイレクトに影響します。
もし、ママが炭水化物など特定の栄養素を抜いたり、少ししか食べずに栄養が足りなくなったりしたら、赤ちゃんが飲む母乳も同様の状態になってしまいます。食事制限はやめてバランス良く食べるようにしてください。

 

ただ、脂質が高い肉よりも、低カロリー・高タンパクの魚や鶏肉を摂取し、野菜が多い食生活にするといったことは体にも良いですし、授乳中でも問題ありません。むしろ、質の良い母乳が出るので、赤ちゃんにも良いですね。

 

 

授乳中ダイエットは無理せずコツコツと

 

 

授乳中であってもダイエットはしっかり成功させることができます。
ただし、産後はカラダと赤ちゃんを大事にすることが一番です。
絶対に無理はしないようにしてくださいね。

 

 

授乳中は、無理なダイエットには注意が必要です。
母乳をあげながらダイエットをする場合には、栄養の取り方、食べ方を重視する必要があります。
授乳中の無理なダイエットは、母乳の出が悪くなったり、体調不良を引き起こしてしまうことがあります。
赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、健康的にダイエットを行いましょう。

 

授乳中ダイエットに積極的に取り入れるといいものは、青魚や、鶏のささみ、豆乳や、納豆を取り入れて、カロリーの高い物や、甘い物を控えるといいでしょう。
アミノ酸や、酵素は、身体の老廃物を排出するデトックス効果もあるので、ドリンクや、サプリメントをとりいれてみるのもいいでしょう。
授乳中は、必ず医師の指示のもとダイエットを行うことが大切です。
甘い物を控え、骨盤をまわす運動を取り入れるだけでも、簡単にダイエットできます。

 

授乳中は、赤ちゃんに栄養を与えるので、妊娠中に増えてしまった体重が戻りやすい時期です。
間食を控えて、食べ過ぎが気になる場合には、朝食だけ、野菜や果物を使ったグリーンスム―ジー等で栄養をとると、バランスよくダイエットができます。
運動と、バランスのとれた食生活を心がけ、食べ過ぎた場合には、野菜や、果物や酵素を多くとりいれてみましょう。

 

産後ダイエットは授乳中はできないと言われていますがそんな事ありません。

イメージ|授乳中ダイエット
産後ダイエット授乳中は母乳の栄養面では勧める事は出来ないと言われていますが、多くの女性は産後の授乳中でも美しい体系をキープして居る方が多く居ます。有名な女優でも産後1か月程でも変わらぬ姿で写真に収めている雑誌を目にする事も少なくありません。

 

授乳中は勿論母体の栄養も大事ですがそれ以上に母乳に栄養が取られてしまうので、出来るだけ栄養は偏らない事が大事ですが、中には食べ物を選ばず何でも食べてしまう事が産後のダイエットには御勧め出来ない大きな点です。
授乳中は沢山食べる事に集中してしまいカロリーの高い物ばかりに目が行きますが、それが毎日続くと産後太りに繋がってしまいますが、しっかり栄養面を考えて食事に気を配るだけで綺麗な体に戻る事が出来ます。
特に炭水化物を出来るだけ減らしてビタミンに注目して果物等で出来るだけ摂取に励む事で、身体の状態も大変好調になりますし何より産後の肌の回復や便秘解消になりますので、積極的に摂るようにします。
栄養面の質にこだわったメニューを考えて無駄な感触を省くだけで産後ダイエット授乳中は確実に成功しますので、栄養バランスを考えた食生活を心掛けるようにすると、出産前よりも美しい体系になったと言う方も少なくありません。

授乳期ダイエットは難しい?いいえ、実は手抜きダイエットで簡単に体重を落とせます。

イメージ|授乳中ダイエット
授乳期における授乳期ダイエットは難しいのではないかと思われています。通常のダイエットのように、激しい運動や食事制限といったことがしにくいからです。特に母乳で育てている場合には栄養が行き届かなくなるため、躊躇してしまうお母さんも少なくありません。しかし、実は母乳を子供に与えているだけでも相当なカロリーを消費しています。また、妊娠中は何かとエネルギーを溜め込む方向に体が作用しますが、出産するとホルモンバランスが通常に戻るため、普通に過ごしているだけで脂肪がどんどん落ちていきます。

 

1日10分程度これだけのことをしていればいいという手抜きダイエットで授乳期ダイエットは十分に成功します。例えば、子供をあやす時などかかとを浮かし、つま先だけで歩くのを少しの時間毎日やるだけでカロリーが消費されます。料理の最中や買い物しているときにも意識してつま先だけで歩くということをするだけで十分です。こうしたちょっとしたことの積み重ねで体重を落とすことが出来ます。気をつけたいのが、育児のストレスによってついついお菓子などを食べ過ぎてしまうことです。食べ過ぎや母乳に悪影響を与えるようなものをさえ避ければ、授乳期ダイエットはうまくいきます。

産後ダイエットが母乳に与える影響とは。

イメージ|授乳中ダイエット
妊娠中の女性の体は赤ちゃんを守るために脂肪を蓄積しやすくなり、産後、子供は生まれたはずなのに体重が思ったより減らない、体形が妊娠前と激変してしまったという人がほとんどではないでしょうか。
妊娠前のような体型に戻そうとダイエットを行う人も多いですが、母乳育児をしている人は注意が必要です。
それは、産後ダイエット母乳への影響は想像以上に大きいからです。

 

母乳の基本成分は血液です。
お母さんの食べた食事の栄養分が血液に乗るので、食事内容は大きくその質に影響します。

 

そのため、この時期に食事制限のあるダイエットは厳禁です。というのは、母乳育児をしているお母さんはそれだけで1日に600〜800kcalのエネルギーを消費すると言われています。赤ちゃんが1日に飲むだけの母乳を生成することはそれだけで体力を消費し、母体は栄養を必要とするため、食事制限ダイエットを行うと母乳に栄養が無くなるばかりか、お母さんも体力不足で体を壊すということにつながります。
そのため、産後ダイエットをしたいと思ったら、決して無理な食事制限はせずに、食事や健康補助食品から母乳に良い成分を積極的に摂取し、母体に十分栄養を満たすことが絶対条件となります。